アルベルト・アインシュタイン(物理学者)

物理学者のアインシュタインは、『Saturday Evening Post』のインタビューで次のように語っています。

記者:キリスト教にはどの程度影響を受けましたか?
アインシュタイン:子どものころ、聖書とタルムードの両方の教えを受けました。私はユダヤ人です。そうなのですが、まばゆいばかりに光り輝くナザレ人(キリスト)に魅了されています。
記者:イエスが歴史上の人物であることを受け入れるのですね。
アインシュタイン:イエスが今ここにいると感じることなく福音書を読める人はいません。イエスの人格は、その一つひとつの言葉に宿っています。そのようないのちにあふれた神話はありません。

Saturday Evening Post, Oct 26, 1929

Interviewer: To what extent are you influenced by Christianity?
Einstein: As a child I received instruction both in the Bible and in the Talmud. I am a Jew, but I am enthralled by the luminous figure of the Nazarene.
Interviewer: You accept the historical existence of Jesus?
Einstein: No one can read the Gospels without feeling the actual presence of Jesus. His personality pulsates in every word. No myth is filled with such life.”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。