ドナルド・ハグナー(フラー神学校教授)

本物のキリスト教、新約聖書が記録しているキリスト教、新約聖書の中心にあるのは「神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ(た)」(2コリント5:19、新改訳)という教えである。イエス・キリストの受肉、死、復活が実際にあった出来事、つまり歴史上の事実であるということが、キリスト教信仰に不可欠な土台なのである。私なりに定義すると、キリスト教とは、神が歴史に介入されたみわざを宣言し、祝い、そこに参加することである。そのみわざは、新約聖書が強調するように、イエス・キリストによって頂点を迎えたのである。

True Christianity, the Christianity of the New Testament documents, is absolutely dependent on history. At the heart of New Testament faith is the assertion that “God was in Christ reconciling the world to Himself” (2 Cor. 5:19 NASB). The incarnation, death, and resurrection of Jesus Christ as a real event in time and space, i.e., as historical realities, are the indispensable foundations of Christian faith. To my mind, then, Christianity is best defined as the recitation of, th celebration of, and the participation in God’s acts in history, which as the New Testament writings emphasize have found their culmination in Jesus Christ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。