アイザック・ニュートン

アイザック・ニュートン

数学者、物理学者のアイザック・ニュートンには、聖書の神を信じる信仰者という側面もありました。ニュートンは聖書について、次のような言葉を残しています。

聖書の中は、世の中のどのような歴史書よりもたしかな真理がある。

I find more sure marks of authenticity in the Bible than in any profane history whatsoever.

私は、聖書が神のことばであり、霊感を受けた人々によって書かれたものであるという基本的な信念を持っている。私は毎日聖書を学んでいる。

I have a fundamental belief in the Bible as the Word of God, written by men who were inspired. I study the Bible daily.

また、聖書の預言について次のような言葉も残しています。

終わりの時代には、罵声と反対の声が飛び交う中で、預言に目を向け、預言を文字通りに解釈するように求める人々の集団が起こされるだろう。

― Isaac Newton cited in Nathaniel West, The Thousand Years in Both Testaments, 462.
About the time of the end, a body of men will be raised up who will turn their attention to the Prophecies, and insist upon their literal interpretation, in the midst of much clamor and opposition.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です