サー・コリン・J・ハンフリーズ(ケンブリッジ大学物理学教授)

サー・コリン・J・ハンフリーズ

ケンブリッジ大学物理学教授のサー・コリン・J・ハンフリーズは、ヨーロッパで科学が発展した理由を次のように語っています。

クリスチャンの科学者は、神が一貫性のある方なので、宇宙にも一貫性があり、理論や法則で説明できると信じている。17世紀のヨーロッパで科学が盛んになったのは、一貫性のある神と、秩序ある宇宙を信じていた多くのキリスト教徒がいたからだと主張する著名な科学史家がいる。それは、自然現象を見事に観察していたにもかかわらず、古代の中国、エジプト、インド、バビロン、ギリシャなどの国々では起きなかったことだ。……ケプラーは、「科学者は神の思考を後追いする者だ」と言い、天体の運行を説明できる洗練された数学的モデルを探し求めた。
― R. J. Berry ed., True Scientists, True Faith (Monarch Books, 2014), p.73

Scientists who are Christians believe that because God is consistent, therefore the universe is consistent, and hence it can be described by theories and laws. There are some eminent science historians who argue that the reason science flourished in Europe in the seventeenth century (and not previously in ancient China, Egypt, India, Babylon or Greece, brilliant observers that they were of natural phenomena) was because many Christians who believed in a consistent God and an orderly universe… Kepler said, “scientists try to think God’s thoughts after him,” and he looked for elegant mathematical models of planetary motion.

写真:https://www.thelondoneconomic.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。