デンゼル・ワシントン(俳優)

デンゼル・ワシントン

俳優のデンゼル・ワシントンは、現代社会について次のように語っています。

敵は内なる自分です。聖書には、終わりの日に ― 今が終わりの日なのかどうか、私が知るところではありませんが ― 私たちは自分自身を愛する者となる、と記されています。今最も撮られている写真は自撮りです。「デモに参加する私」…「私をフォローして」「私の話を聞いて」。私たちは、人々にフォローされるためなら何でもする時代に生きています。情報過多になると、長期的、短期的にどのような影響があるのでしょうか? 情報が矢継ぎ早に繰り出され、あらゆる方法で情報操作が可能になります。そして、人々は羊のようにほふり場に引かれて行くのです。
― Milton Quintanilla, “‘This Is Spiritual Warfare’: Denzel Washington Warns against Self-Obsession in the Last Days,” Christian Headlines

The enemy is the inner me. The Bible says in the last days — I don’t know if it’s the last days, it’s not my place to know — but it says we’ll be lovers of ourselves. The number one photograph today is a selfie, ‘Oh, me at the protest.’ ‘Me with the fire.’ ‘Follow me.’ ‘Listen to me.’ We’re living in a time where people are willing to do anything to get followed. What is the long or short-term effect of too much information? It’s going fast, and it can be manipulated obviously in a myriad of ways. And people are led like sheep to slaughter.

写真:Associazione Culturale Capoluogo.com (CC BY-NC-ND 4.0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です