ヨブ40:15~24 ― 聖書と恐竜(1)ベヘモット

ブラキオサウルス

ヨブ40:15~24

15  さあ、河馬を見よ。これはあなたと並べてわたしが造ったもの。牛のように草をはむ。 
16  見よ。その力は腰にあり、その強さは腹の筋にある。 
17  尾は杉の木のように垂れ下がり、ももの筋は絡み合っている。 
18  骨は青銅の管、肋骨は鉄の棒のようだ。 
19  これは神の作品の第一のもの、これを造った者が、その剣でこれに近づく。 
20  山々はこの獣のために産物をもたらし、野の獣もみなそこで戯れる。 
21  蓮の下にそれは横たわる。葦の茂み、沼地の中で。 
22  蓮はこれをその陰でおおい、川の柳はこれを囲む。 
23  たとえ川があふれても、慌てない。ヨルダン川が口に注ぎ込んでも、動じない。 
24  その目をつかんで、これを捕らえられるか。罠にかけて、その鼻を突き通せるか。 

解説

ヨブ記は、イスラエル民族の父祖であるアブラハム(紀元前2千年頃)と同時代に生きたヨブを中心に展開する書です。

この箇所は、神が「河馬(カバ)」を例に取り上げて、すべてを知ったようにふるまうヨブを神が叱責する場面です。ただ、この箇所を読むと、どうもカバの説明にしてはおかしな点があります。17節には「尾は杉の木のように垂れ下がり」とありますが、カバの尾は杉の木のような立派なものではありません(写真参照)。

カバ
カバ

また、カバを「神の作品の第一のもの」(19節)と呼ぶのも、どうも違和感があります。

ここで「河馬」と訳されている言葉は、原語のヘブル語では「ベヘモット」です。ヘブル語辞書の「Brown-Driver-Briggs(BDB)」では、ベヘモットを次のように定義しています。

  1. おそらく絶滅した恐竜
    1a) ディプロドクスまたはブラキオサウルス、正確な意味は不明
    1) perhaps an extinct dinosaur
    1a) a Diplodocus or Brachiosaurus, exact meaning unknown

BDBは、ベヘモットの第一の意味を「おそらく絶滅した恐竜」としています。BDBはブラキオサウルスなどの草食の恐竜を例に挙げていますが、そう考えるとこの箇所の描写と合います。ブラキオサウルスは体長約25mで、数十トンという体重を支える体の「骨は青銅の管、肋骨は鉄の棒のようだ」と言われているのもうなづけます。

ブラキオサウルスの実寸大の模型
ブラキオサウルスの実寸大の模型

ハーバード大学で博士号を取得した古生物学者カート・ワイズ博士(Kurt Wise)も、この箇所について次のように語っています。

聖書で恐竜が描かれている可能性のある箇所が一つあります。それは、ヨブ記で神がヨブに説明したベヘモットです。ここでは、数節にわたって、その特徴や性質が記述されています。その記述は、今生きている生物には当てはまりません。ところが、竜脚類の恐竜、ブロントサウルス型の恐竜やアパトサウルス型の恐竜(訳注:ブラキオサウルスと同様の草食恐竜)の記述にはぴったり当てはまるのです。
― Answers in Genesis, “Dinosaurs & Dragon Legends: Enhanced edition (movie)” (The Creation Museum Collection) (https://answersingenesis.org/dinosaurs/dragon-legends/)

There is one possible place where the Bible describes a dinosaur. It would be Behemoth, described by God to Job in the Book of Job…
It’s got a description there, several verses, describing his attributes and characters. When you compare those descriptions with living organisms, it doesn’t fit. But it does fit the description of a sauropod dinosaur, brontosaur-type dinosaur and apatosaurus-type dinosaur.

この箇所が恐竜について語っているとすると、「神の作品の第一のもの」(19節)という説明も納得できます。

さらに興味深いのは、ベヘモットについて、神が「これはあなたと並べてわたしが造ったもの」(24節)と語っておられることです。つまり、恐竜は神が人間と共に創造したものと語られています。実際に、創世記では、人間と動物は創造の六日目に創造されたと言われています(創世記1:24~27)。聖書は、恐竜も人間であるあなたも、神の作品であると語っています。ぜひあなたの創造主である神のことばに耳を傾けてみてください。

参考資料

  • Commentary by Ray Comfort, The Evidence Bible, NKJV (Bridge Logos Foundation, 2011), p.700
  • 中川健一「Q.43 聖書に書かれている事が歴史的事実なら、何故恐竜についての記述が無いのでしょうか?」(聖書入門.com) (https://seishonyumon.com/movie/2572/)
  • 高原剛一郎「聖書が語る恐竜の謎 創造主はおられるシリーズ#12」(ごうちゃんねる) (https://www.youtube.com/watch?v=m8UlfqqagB0)

カバの写真:kanonn (CC BY-ND 2.0)
ブラキオサウルスの模型の写真:Jynus (CC BY-SA 4.0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です