ジェームズ・バー(旧約聖書学者。オックスフォード大学ヘブライ語教授)

聖書

オックスフォード大学教授で旧約聖書学者のジェームズ・バー博士は、創世記の解釈について次のように語っている。

私の知る限り、世界トップクラスの大学でヘブライ語や旧約聖書を研究している教授で、創世記1~11章の作者が読者に伝えたかったこととして、以下の3点を信じていない人はいない。(a)創造は6日間で行われ、それは現在私たちが体験している24時間の一日と同じであること。(b)創世記の系図に記されている数字を単純に足していくと、世界の始まりから聖書の物語の後半までの年表が出来上がること。(c)ノアの大洪水は世界的なもので、箱舟の中にいる者以外、すべての人間と動物の生命が死に絶えたこと。
― Calvin Smith, “How to Interpret Genesis,” Answers in Genesis

So far as I know, there is no professor of Hebrew or Old Testament at any world-class university who does not believe that the writer(s) of Genesis 1–11 intended to convey to their readers the idea that (a) creation took place in a series of six days which were the same as the days of 24 hours we now experience; (b) the figures contained in the Genesis genealogies provided by simple addition a chronology from the beginning of the world up to later stages in the biblical story; (c) Noah’s Flood was understood to be worldwide and extinguish all human and animal life except for those in the ark.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。