南原 繁(政治学者、東京大学総長)

南原 繁

どれほど神仏に祈っても、しょせんは自分の無事幸福か、せいぜい家内安全を願うことに止まった私の心が、いまや、(聖書の語る)自分の罪を知り、それからのあがないとゆるし、神の御旨へと向けられるようになった。……私は、家庭において日曜日ごとに家族らに聖書の研究や話をした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です