勝海舟(エドワード・クラークの証言)

1871年に来日し、静岡学問所の英語教師に赴任した米国人エドワード・クラークは、幕末の幕臣、勝海舟(勝安房守)と友好関係にあった。クラークは帰国後、『Katz Awa, “the Bismarck of Japan”(勝安房・日本のビスマルク)』という著書で、勝のことを次のように記している。

 数年前のことだが、ジョージ・ニーダム師が、日本に伝道旅行に来るというので、来日したら、ぜひ、勝安房に会いに行ってほしいと手紙を出した。彼は、東京に着くや、日本人の牧師を通訳として、すぐに勝氏に会いに行ったという。勝安房は私からの招待状を読み、信仰深い訪問者二人を、丁寧に迎え入れた。一時間か、それ以上、勝氏は、ニーダム師が語る福音の真理に耳を傾けた。対談は、聖書に出てくるピリポとエジプトの宦官の会話のように、短くはあったが、たいへん印象深いものだった。
 ニーダム師は終わりに、少し躊躇しながら、勝氏に、ひざまずいて祈りたいかどうか尋ねた。勝氏は、即座に同意し、祈りの言葉は、日本人牧師により、一行ずつ、日本語に訳された。
 祈りを終え、彼らが立ち上がると、勝氏は、涙に濡れた目をして立っていた。そして、ニーダム師の手を握りしめ、“人生で一番すばらしい恵みの時でした“と低い声で感謝を表した。
 日本人はめったに感情を見せない。ここにいる人物は、刺客となり得る者たちに臆せず立ち向かってきた。これが、キリスト教の説教で、心を打ち砕かれたのだ。ひとたび、真理を知ると、それは、神の力がなす業であり、人々を救いへの導く。
ー 守部喜雅『勝海舟 最期の告白: 聖書を読んだサムライたち』(フォレストブックス、2011年)p. 104~105

When my good friend, Rev. Geo. C. Needham, went on an evangelistic tour through Japan a few years ago, I wrote him that I wanted him to go and see Katz Awa, in the quiet of that modest home, where so many noteworthy personages had called, whether they came to kill or to save. I sent Mr. Needham a letter of introduction, and he promptly called, attended by a native pastor as interpreter. Katz Awa read the letter and received his religious visitors graciously. For an hour or more he listened to the truths of the Gospel as presented by Mr. Needham. The interview, though brief like that between Philip and the eunuch, was (as may be seen by a letter following) equally effective. At the close Mr. Needham, with some hesitation, asked Katz Awa if he would kneel in prayer. Katz immediately consented, the prayer being interpreted, sentence by sentence, by the native pastor. As they rose from their knees Katz stood with moistened eyes, and, grasping the evangelist’s hand, thanked him, in a subdued voice, for the greatest privilege of his life. Japanese rarely show emotion, and the man, who in this very place had fearlessly faced would-be assassins, was conquered by the simple story of the Cross. The truth once seen was recognized as the power of God unto salvation.
ー Edward Clark, Katz Awa “the Bismarck of Japan” Story of a Noble Life

また、クラークは勝海舟が生前にキリストに対する信仰を告白していたとし、次のように記している。

勝氏が亡くなる二週間ほど前だったと思います。ウイリスは、勝氏の口から、直接、『私はキリストを信じる』とはっきりと聞いたといいます。それを知って、私の心は歓喜に満たされました。
ー 守部喜雅『勝海舟 最期の告白: 聖書を読んだサムライたち』(フォレストブックス、2011年)p. 106

A week or two before Count Katz Awa’s death, my brother heard from his lips a clear confession of personal belief in Christ. It gladdened our hearts, although we all felt he was not at any time far from the Kingdom.
ー Edward Clark, Katz Awa “the Bismarck of Japan” Story of a Noble Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。